Monthly archive 2013年8月
明るい夜

明るい夜

道路にぽつんと一つだけある街灯。 ここは街じゃないけれど、足下を照らす人もぜんぜんとおらないけれど、ぽつんとあるあの街灯。   あの曲がり角から漏れてくる蛍光灯の灯りがなければ、もっと星空が奇麗にみえるのにな。 あのメキシコ人のように、「こんな灯りはいらないわ」といって石を投げてしまおうかしら。   満月の光、 あの街灯も包み込んでしまうぐらいに明るくてね。   つん […]
Dynamic Kitchen

Dynamic Kitchen

  YES, Food is Alive !
ゲコ、ゲコ太

ゲコ、ゲコ太

まだ、います、 ゲコ太くん。。。 すっかり、台所の流し場の住人です。 最近ではここの環境に慣れたのか、すこし遠出をするようになりました。 やらせじゃないですよ ↑ 、自分でここに入ってお昼寝していました。 これだけ毎日、ゲコ太と顔を合わせていると、雨蛙(なのかな?)の生態がよくわかるようになってきました。 彼は日中によく寝ます。それもちゃんと目を閉じて。(完全には閉じないようで、半目ぐらいですが。 […]
41℃

41℃

やりました! うちの近所では、観測史上最高の41℃を記録したそうです。 どうりで、暑いわけだ。。。   暑さも何のその、道の駅では「日本一暑い!」の看板を掲げ、盛り上がっていました。 いやいや、高知県民の底抜けの明るさは爽快です!   暑い、暑いといっても、東京から来たぼくにしたら、とっても過ごしやすい「暑さ」です。 いつも川から心地よい風が吹いていて、木陰に入れば涼しいし、川 […]
立秋

立秋

   まだまだ、暑いです。。。
白鼻心

白鼻心

まあ、自然がいっぱいあると、いろいろな住人がいますね。   道路に動く姿、「猫かな?」とおもったら、狸のようで、狸でない。 白鼻心(はくびしん)でした。 その名前は、つい先日聞いていたところ。   「スイカを白鼻心に食べられた」と、おばちゃん。 残りのスイカを全部収穫する、おばちゃん。 「へー」とうなずいて、スイカを二個もらう。   カメラをもってこっそり付けていった […]
Fisherman

Fisherman

ある、お話。。。 ニューヨークに住む裕福な企業家が、 コスタリカの浜辺の町へ二週間の休暇をすごしに出かけた。 彼は現地に到着したその日に、地元の漁師から買った魚の、 えもいわれぬ味わいにすっかり魅せられた。 翌日、波止場でふたたび漁師と出会ったが、 その日の獲物はすでに全部売れ切れていた。 どうやら漁師は、とびきり上等の魚が大量に獲れる穴場を知っているらしいが、 一日に獲るのは五尾か六尾にきめてい […]
ゲコ太

ゲコ太

もうかれこれ一週間ほど、彼は台所の流しの周辺に。 一度は捕まえて外に出したのですが、気付けば帰って来ていました。 今日は、皿洗いのスポンジの上に乗っていて邪魔だったので、横にどかしたら、その後はとっくりの上が気に入ったようです。 少し、申し訳なげな背中に、「まあ、そこにいていいよ」と、一声。  
梅・干し

梅・干し

かんかん照りの毎日です。 6月末の、あっけない幕切れ梅雨明けから、一ヶ月以上まともな雨が降らず、ついに谷水も枯れてしまいました。 四万十川の水量も、寂しい感じです。。。   かんかん照りに梅干しを干しています。 「梅干しは、干さずに漬けたままでもいいんだよ」と聞いたので、面倒くさがりから「干さなくてもいいかな」と思っていましたが、干さなければ、‘梅干さず’になってしまうなと思い、干すこと […]
夏の情景・四万十川

夏の情景・四万十川

Rocket Magazine の一同が、高知特集の撮影の為に四万十川までやって来てくれました。 川原で、四万十川のご馳走を囲んだ夏の情景を写真に納めたいとの要望です。   当日、川原にセッティングした大テーブルには、地元の方々のご協力によって、四万十川のご馳走がずらりと並びました。 大工の谷本さんは、セッティング用の竹を切って来てくれたり、手長エビを釣って来てくれたりと大活躍です。 谷 […]
スズメバチと根気比べ

スズメバチと根気比べ

どうやら、スズメバチが我が家の軒下を気に入った様子で、朝起きると何十匹ものスズメバチたちが巣作りに飛び回っております。 こちらの家の住人の私としては、あまり歓迎しがたいシェアメイトなので、こちらの巣作りは遠慮してもらいたいと七輪に煙を炊いて、スズメバチに嫌がらせ。(ちなみに、蚊取り線香では煙の威力が弱く余り効果がありませんでした。)煙に巻かれると、巣作りもあきらめて、一旦その場を飛び去ります、作り […]