この春から夏は、畑に、裏山に、大工仕事に、もう家・野良仕事が楽しすぎて、ほとんど我が土地から遠出しませんでした。

サーフィンに行くのも、もったいなかったぐらい。もう、日々の土地のエネルギーの波に乗っているぜぇ〜、といった気分。それにしても、梅雨時期からのうねりはすごかったなー、自然の勢いに圧倒されっぱなしでした。

おかげで、ここの暮らしの場は、より多くの創造が散りばめられ、自然とともに躍動しています。

そんな四万十の愛すべき日々を離れ、明日よりロシア・トゥヴァ共和国へ行ってきます。

ウ〜♪、ア〜♪、ホーメー(ホーミー)の修行です。

史上最大規模の国際ホーメーフェスティバルがあるようですよ。

あぁ、何年越しの夢だったでしょうか。。。

ワクワクして眠れません。

 

思えば、10年以上も前、こんなすごい人たち↑↑↑と出会っていたのですね。それは、旅の道中、サンフランシスコで泊めてもらった知人宅で翌朝を迎えると、モンゴル人みたいな体の大きな男の人3人がリビングに居て、なんだか同じアジア人同士親近感を感じて、挨拶すると、TUVA(トゥバァ共和国)から来たと。プロのホーメー歌手(Chirgirchinというバンド名です)で、アメリカツアーをしている最中だとのことで。TUVAという名前をそのとき初めて聞きました。それから一時を、そこで一緒に過ごし、彼らはぼくたちのために、家のリビングで小さなリサイタルを開いてくれたのでした(今思えば思うほど、なんと贅沢だったことか・・・)。あの時、ぼくは、彼らの音に心震え、涙が頬をつたったのです。あの時の振動が、心にいまだに響いています。そしたら、なんと、その次の年もまた同じ場所で再会して。さて、TUVAにて彼らに再会できるかな、覚えていてくれているかな?

 

TUVAより日本へ帰ってきたら、演奏会します。

 

8/31(木)『夏のTABI/2017』  @鎌倉・山のスコレー

オガワ・ジュンイチくんが主催する、鎌倉の山の上にある、静謐なアトリエです。光りに包まれたテラス、そこでの朝の音楽会では、木の葉と鳥達がいつも演奏を聞きに、時に一緒に歌いに来てくれます。

詳細コチラ 

 

9/2(土)『TABIのお話会』/ 3(日)『TABIの音楽会』 @長野・佐久・星の坊主さま

初めての長野出張です。星の坊主さま、どんな場所なんでしょう?私も坊主になりましたので、共鳴しそうですね。

詳細コチラ 

 

『おまけ』

四万十の朝の日常にて、

自宅、寝起き、だいぶ油断した身なりですが・・・