painting on  2020/09/30

【photo & memory from 2020/09/26】

#21

* 夕食の灯り *

スキャン 1 (2)

この夏は、毎日、毎日、川で泳いだものだ。

川へ降りる坂道の脇の田んぼを覗き込んでは、穂が太っていく様子を楽しんでいた。

そして、しまいには、穂の甘い香りも楽しみの一つとなっていた。

稲は刈られ、今では家の前の手摺に掛けられている。

17時過ぎて、一日の終わりの川泳ぎへ向かうと、手摺の向こうには灯りが点っている。

日が暮れるのが随分と早くなったものだ。

稲も刈られ、今年の川泳ぎもあとどれぐらいできるものだろうか。

窓の向こうの灯の下では、きっと夕食の支度をしているのだろう。

きっと、無事に今年の収穫もできて、ほっと一息の食卓だろうな。

いつも覗き込んでいたお米が、食卓に並んで、家族の栄養となっていくことを思う。

田仕事の様子、米の成長を眺めてきただけに、

最後に食卓に並べられる様子まで思い浮かべられるのは、

なんだかこちらまで幸せに感じてくる。

力まで湧いてくるよ。

スキャン 2 (3)