Latest entries

TUVA日記 / 0708

TUVA へ来てから、ちょうど一ヶ月がたった。 こちらの暮らしにも、自分のリズムが、しかとできてきた(かな?)。といっても、普段の四万十の暮らしとさほど変わりはない。朝4時に起きて、瞑想、YOGA・・・。こちらは、日が昇るのがとても早く、寝ている部屋も東向に大きく出窓があるので、この時間帯に起きることは、とても自然なことだ。逆に、寝るのが遅くなった次の日の朝、ゆっくり寝ていたいと思っても太陽が昇っ […]

TUBA日記 / 0706

寒い! 先週は、40度以上もあったのに、夕立が何日か降ってから、すっかり秋の気配(なのでしょうか?夏は終わったのか?新しい土地、よくわからん・・・)。 今日は、部屋の窓を閉め切った。   ****   日本からロシアへ降り立った空港で出会った、ロシア人の旅人が話していた言葉。 ぼくが、空港にて、ロシア語が全くわからず、四苦八苦していると、「英語は話すかい?」と話しかけて助けてく […]

連載:ぼくの旅路 その10

  ぼくの旅路:その10 番外編 6   【 エゴを見つめる / ネイティブ・アメリカンの教え 】 当時のわたし:26歳   *    彼に「二人で話をしたい」と言われてから、この瞬間を迎えるまで、どれだけドキドキと神経をすり減らしたしたことだろうか。いろいろな予見が、頭の中に思い巡っていく。これは、実に疲労をともなう(無意識に行われてしまっている)こころの […]

連載:ぼくの旅路 その9

ぼくの旅路:その9 番外編 5   【エゴを見つめる・ネイティブアメリカンの教え】 当時のわたし:26歳   ◯    翌朝、ゆっくりとしたブレックファーストの後に、ぼくたちはサンダンス会場へと向かった。朝食というのは、実に特別な時間だ。誰かの家での夕食となると、個として招かれている気になるが、同じ屋根の下に目覚め囲む朝食は、同じリズムを刻みながら輪になっていく感覚が […]

連載:ぼくの旅路 その8

ぼくの旅路:その8 番外編 4 【エゴを見つめる・ネイティブアメリカンの教え】 当時のわたし:26歳 ◯   「ぼくがこれから踊るサンダンスに、君たちも一緒にきてほしい。ぼくが踊るサポートをして欲しいんだ。」  グラスホッパーの口からこの言葉を聞いたとき、正直なところ「え、サポート? 踊りのサポートをするってどういうことだろ? 何も知らないぼくたちが役に立てることなんてあるのだろうか?」 […]

TUBA日記 / 0626

◯  音楽の勉強をしに来ている、TUVA(トゥバ)の首都 Kyzyl(クズル)にてアパート暮らしの毎日です。首都といっても、日本からしたら、ほどよく小さな街だけど。  コチラでの日々は、音楽に、語学(ロシア語・TUVA語)と、それにあたらしい文化への適応と、毎日学ぶことがいっぱい。久しぶりにこんなに脳味噌をフル回転させている。二十歳の時にはじめて海外へひとりで行った、LONDONでの語学留学、学生 […]
I'M IN TUVA NOW

I’M IN TUVA NOW

  I’M  IN  TUVA  NOW !   ◯          
201805 TABI Journal

201805 TABI Journal

TABI Journal from [a little initiation] 15th, 16th May @ yama no schole   ☀     ☀   ☀  
201805 Shimanto no HATAKE

201805 Shimanto no HATAKE

201805 S/S SHIMANTO no HATAKE to KURASHI   *   5月中旬、旅立ち前の記録     * Filed #1 *   ・開墾5年ほど ・夏播きの種がタイミング外して春に登場、ラッキー&勝手に野良生え多くなってきた ・この春は、Filed#1 GreenとBack Mountain Wild Greenでほぼ自 […]
201805 Tokyo no Niwa

201805 Tokyo no Niwa

201805 S/S TOKYO no Niwa     先月、東京の実家に戻った時の写真 育っていく庭の様子を目の当たりにし、嬉しくなって、朝の光り撮った写真   東京滞在中のGreenはお庭から。 5月後半、葉が固くなり始める、下草、木の芽たち、 サラダには固いが、V-sama スムジーならまだいける。 よもぎ、どくだみ、ハーブもろもろ、桑、ブラックベリーなどなど […]
Back to TOKYO

Back to TOKYO

東京の実家に帰ってきました。震災後の2012年に、東京で食べられるお庭を作ろう!と植え込みしたお庭の植物達の元気な姿に、幸せな気持ちで一杯です。いまは、桑の実が食べごろ。さくらんぼもなっていました。今年はキウイもつきそうとのことです。アスパラに、コンニャク、ハーブ各種、ヨモギやドクダミなど下草の姿も。四万十の我が家を離れて、畑で採れたての野菜を食べられないのは、こころもとないなと寂しく思っていまし […]
裏山よ

裏山よ

    裏 山 よ           雨   山に濾過され 谷に現れ 流れとなる   その水勢 わが身通り抜け 血流へ   ソラ、ヤマ、タニ わ た し   一筋に描かれた その流れ