Latest entries
Pastel Journal #21

Pastel Journal #21

◯ ・ painting on  2020/09/30 【photo & memory from 2020/09/26】 ・ ・ ・ #21 ・ * 夕食の灯り * ・ ・ * ・ この夏は、毎日、毎日、川で泳いだものだ。 川へ降りる坂道の脇の田んぼを覗き込んでは、穂が太っていく様子を楽しんでいた。 そして、しまいには、穂の甘い香りも楽しみの一つとなっていた。 ・ 稲は刈られ、今では家の前 […]
20201001:「ぼくの旅路」

20201001:「ぼくの旅路」

・ : : ::: 脊柱に光が通って ::: : : ・ ・ 『=それは、ぼくが今でもこの夏のことを思うと、こころに光が射し込んで、正しい道を指し示される思いが湧いてくることがその事実を語っている(こうして当時のことを思い出しながら文章を書いていると、背筋が正され脊柱に光が通っていく感覚なのである)。=』 ・ * ・    note連載:「ぼくの旅路」更新しました。 ・ ◯ ・
Pastel Journal #20

Pastel Journal #20

◯ ・ painting on  2020/09/24 【photo & memory from 2020/09/23】 ・ ・ ・ #20 ・ * 対岸の景色 * / ・ 川向こうに光っていた金色の絨毯は、 農夫たちの丹念な仕事によって刈り取られ、 竿にかけられ干された穂は、最後の陽を浴び熟成し、人々の次の一年の糧となる。 ・ 金色消え、土肌現れた、景色のコントラストには、 夕焼けの空、 […]
20200930:裏山芸術祭

20200930:裏山芸術祭

* 裏山芸術祭 * ・ Andy Goldworthy さん。 この方が、わたしの野良仕事のお師匠さんです。 ・ ・ 先生のことを初めて知ったのは、もう15年ぐらい前のメキシコにいた頃かな。 誰かの家で写真集を見たのです。 ・ そして、数年前、 我が家の裏山の沢に詰まった枝の掃除にうんざりしているときに、あの写真集のことを思い出し、 先生の写真集を買い求めて眺めていたら、畑・野良仕事の意味が全く異 […]
Pastel Journal #19

Pastel Journal #19

◯ ・ painting on  2020/09/23 【photo & memory from 2020/09/23】 ・ ・ ・ #19  ・ * 草むらに花火 * ・ ・  ・ 道の脇、田んぼの畦道、茂みの中、 あちらこちらに彼岸花が咲いている。 ・ この秋は、彼岸花がいつになく気になるなー。 まるで、草むらに花火が打ちあがっているみたいで、嬉しくなるよ。 この夏は、花火大会なかった […]
20200929:金木犀

20200929:金木犀

  *金木犀* ・ お勝手口から外に出ると、金木犀の香りがほのかに漂い出していた。 苗木を買ってきて植えた金木犀が、二年たってたくさんのお花をつけている。 ・ 金木犀の香りを嗅ぐと、哀愁の思いに駆られ、その先に故郷東京を想う。 秋空高く、表参道を行き交う人々。 肌寒むくなってきた夕暮れの、最寄駅からの帰り道。 自転車で街を颯爽と走れば、かどかどを曲がる度に、金木犀の匂いと出くわした。 ・ […]
Pastel Journal #18

Pastel Journal #18

◯ ・ painting on  2020/09/21 【photo & memory from 2020/09/19】 ・ ・ ・ #18   ・ * 石垣、石段、玄関へ * ・ ・  ・ 玄関へ登っていく石段の頭上には、 絶賛、イチヂクと柿が、熟れどきだ。 ・ スズメバチ、カラスに、蟻ん子に、あれやこれや、 みんなが狙っている。 ・ 熟れ熟れに熟れたベストタイミングを待っていたら、 も […]
20200928:窓際菜園その2

20200928:窓際菜園その2

  みなさん、種まきしてますか〜? ・ * ・ 窓際菜園のアイデア・その2 (その1はこちら:◯) ・ ロシア・TUVA共和国でのアパート暮らし時代の窓際菜園です。 ・ ・ 捨ててあるものから何か集めて作るのは、萌えますねー。 資源の回収欲は、狩猟採集時代からの本能ですかね。 ・ ・ 水の受け皿付き透明プランターの出来上がり。 シベリアの淡いひかりが抜けて綺麗。 窓際大好き。
山形ビエンナーレ:参加への想い

山形ビエンナーレ:参加への想い

・ * . みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020 [ 山のかたち、いのちの形 ]  9.5 sat.- 9.27 sun. ・ ・・ * ・・ ◯ ・・ WEBにて開催される、 山形ビエンナーレ2020に、 作品参加させていただきます。 ・ ◯ ・ ・ ・ * ・ 『作品:ー暮らしー』 ・ ・ =エピローグ= ・ 20代の頃は、ひたすらに、世界を旅をする日々でした。 旅の日々、様々な文化の […]
お知らせ:トーク 『暮らし 』 9月26日(土) 11:30-12:15

お知らせ:トーク 『暮らし 』 9月26日(土) 11:30-12:15

  ・ 佐々琢哉×岩井天志 トーク ・ 『暮らし 』 ・ 9月26日(土) 11:30-12:15 ・ 四万十の暮らしを、 ビエンナーレ期間中毎日「日記」というかたちで発表してきた佐々琢哉の生き方と、 この1ヶ月の「暮らし」を振り返るトークをおこないます。 ・ ◯ ・
9月27日(日): ◯

9月27日(日): ◯

◯ ・ わたしの今の暮らしに納得しているところは、気持ちが楽なところだ。 楽なこととは、自分に嘘をつく必要がないことだ。 自分に嘘をつきたくないと、それだけを思ってここまでやってきた。 そしたら、このようなこととなっていた。 おかげで、次にこの地球にやってくる方々にも、偽りの態度でもって接するようなことはないだろう。 それは、なんとも清々しいことだ。 ・ * ・ 人間にはなんとも素晴らしい、嘘判定 […]
9月26日(土): 時を紡ぐ、種を継ぐ

9月26日(土): 時を紡ぐ、種を継ぐ

・ : : : : : 時を紡ぐ : : 種を継ぐ :  : : : : ・ 新月から満月へ向かう一粒万倍日、種をまく。 ・ ・ ・ 今回の種まきには、自家採種の種がいっぱいあって嬉しい。 大根、カブ、ニンジン、春菊、水菜、レタス、、、、  ・ 種を継げると一つの季節の成長だけでなくて、春夏秋冬と一年をまたいでの成長が続いていく。 コツコツと種を継いでいくことが出来れば、一年、一年、また一年と、何 […]